この記事では、ツイッター(Twitter)でセフレを作るメリットについて、他の出会い系サイトやアプリと比較する形で解説しています。

ツイッターでセフレを作るメリットその1:無料で相手を探せる

ツイッターでセフレを作るメリットの1つ目は、無料で相手の女性を探すことができることです。

なぜなら、ツイッターでは利用料は一切かからないからです。

このサイトでは、セフレを作ることにおいてティンダー(Tinder)もおすすめしていますが、課金しないで利用した場合、1日に120人しかスワイプできないという制限があります。

しかし、ツイッターではそのような制限はありません。

ツイートすることも、相手となりうる女性を探すことも、そしてメッセージをやりとりすることもすべて無制限です。

他のアプリと比較してみると、たとえば老舗の出会い系サイトのハッピーメールやワクワクメールでは、相手にメッセージ1通送ることに5ポイント(50円相当)かかります。ミントC!Jメールにいたっては7ポイント(70円相当)です。

1通で50円であればたいしたことないと思うかもしれませんが、1日1通のペースとして、1か月で30通送ったとすると、1,500円かかります。

1年間で換算すると18,000円と、ホテル代2回分くらいにはなるので結構大きいですよね。

定額で課金されるPairsでは、1ヵ月スパンで課金する場合、3,590円かかりますので、1年間で換算すると43,080円とかなり高額になります。(年額プランの場合は月額換算で1,500円弱になるのでかなり安くなりますが)

他のアプリと比べると、ツイッターの安さが際立ちます。

ツイッターでセフレを作るメリットその2:ユーザー数が多い

ツイッターでセフレを作る2つ目のメリットは、ユーザー数が多いため、出会いのチャンスや幅が大きいことです。

2020年9月に総務省から発表された資料によると、日本国内での利用率は約38.7%で、そこから概算すると国内のユーザー数は約4,900万人いることになります。

そのうち約半分が女性だとしたら、約2,450万人もの女性がツイッターを利用しているという計算になりますが、これはかなり大きな数字です。

一方、他の出会い系サイトやアプリのユーザー数と比較してみると、

  • PCMAX:1,500万人
  • ハッピーメール:2,500万人
  • ワクワクメール:900万人
  • イククル:1,500万人
  • YYC:1,400万人
  • ミントC!Jメール:600万人
  • Pairs:1,000万人
  • タップル:600万人

※2021年6月5日時点において公式サイトに記載されている数値

と、いずれもツイッターには遠く及ばないユーザー数にとどまっています。

しかも、開設してからの延べユーザー数や登録件数で集計しているサイト・アプリもあるので、その場合は実質的に利用しているアクティブユーザー数はもっと少ないです。

さらに、出会い系サイトやアプリは少なからず男女比が偏っており、男性のユーザーが多い傾向にありますが、ツイッターではそうした男女の偏りもそれほどないと言われています。

ツイッターでセフレを作ろう!

ツイッターでセフレを作るメリットを説明させていただいたところで、どのようにツイッターでセフレを作ったら良いのかという疑問が出てくるかと思います。

女性ユーザーに対して闇雲に「セフレになりませんか?」などと送っても、相手にされません。

ツイッターでセフレを作るためには、正しい方法を学ぶことが大切です。

私はこちらのメールマガジンがきっかけでツイッターでのセフレ作りを学び、セフレを作ることができました。

ツイッターでセフレを作ることに興味がある方は、ぜひこちらのボタンよりメールマガジンを購読してみてくださいね。

ツイッターでのオフパコの基礎を学ぶ!

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。