Tinderの3つの有料プランである、Tinder Plus、Tinder Gold、Tinder Platinumのサービスが2021年9月に改定されました。

2021年9月以前に有料プランを購読・更新したユーザーについては、次回更新時より適用されるとのことです。

さてその内容についてですが、Tinderの公式ページによると下記の変更となります。

  • Tinder Plus:毎日付与される5回のスーパーライクと毎月付与される1回のブーストがなくなります。
  • Tinder Gold:5回のスーパーライクが付与される頻度が、毎日から毎週に変わります。
  • Tinder Platinum:5回のスーパーライクが付与される頻度が、毎日から毎週に変わります。(Tinder Goldと同様)

つまり、Tinder Plusについては毎日付与されていた5回のスーパーライクと、毎月付与されていた1回のブーストがなくなり、Tinder GoldとTinder Platinumについては5回のスーパーライクが毎日付与されていたのが、週1回に変わったということです。

これが実際に各プランの運用にどのように影響を出るのか、検証していきたいと思います。

Tinder Plus

プランの料金を支払うだけでは、スーパーライクとブースト機能が一切利用できなくなり、通常のスワイプでしかマッチできなくなりました。

通常のスワイプのみで運用している方には大きな影響はありませんが、特に気になった女性に対してピンポイントでアプローチをかけることが(プラン料金のみでは)できなくなります。

Tinder Gold

スーパーライクの付与頻度が毎日から週1回に減りますが、その他の機能に影響はなく、この改悪によって運用方法が特段大きく変わることはないと思います。

ただし、以前のように気になった女性に対してスーパーライクをどんどん送っていくことが難しくなり、スーパーライクの運用には慎重さが求められます。

Tinder Platinum

改定内容はTinder Goldと同じですが、Tinder Platinumにはスーパーライクにメッセージを付加する機能がある分、Tinder Goldに比べると今回の改定に伴う影響が大きい印象があります。

全体的な影響

以上を見ると、一見どのプランにとっても改悪に見えますし、私も実際使っていてそのように感じますが、見えざるメリットもあります。

それは、スーパーライクとブースト機能の希少度が増した分、付加価値も高くなったということです。

今までは有料プランであれば全員が使えていたのが、有料ユーザーの多くを占めると思われるTinder Plusのユーザーが基本料金では一切使えなくなり、Tinder GoldとTinder Platinumのユーザーのみが使える状況となりました。

そうすると、今までは多くの女性に乱発されていたスーパーライクの数が激減し、1つ1つのスーパーライクの重みが増します。

また、ブースト機能を利用できるユーザーも減りますので、ブースト機能を使うことで今までよりも他ユーザーとの差別化をはかることができます。

また、有料プランの中でもっとも安いTinder Plusでは通常のスワイプでのマッチングのみが可能となり、他ユーザーへの個別のアプローチやマッチ率を上げる機能を使いたいならTinder GoldかTinder Platinumを利用する必要が生じることになりましたので、今まで機能的な違いがほとんどなかったTinder GoldとTinder Plusの位置付けを明確にするという意味合いもあると思います。

いずれにせよ、今回の改定にめげず、引き続きTinderを使ってオフパコしていきます。

よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。