この記事ではTinder(ティンダー)でセフレを探すにあたり、アカウントがBAN(凍結)されないための方法を、私自身の体験談に基づいて解説しています。

SNSや会員制ウェブサイトなどのサービスにおいては、アカウントが凍結されることを「アカウントがBANされる」「アカウントBANに合った」といった表現をすることが多いため、こちらの記事でもアカウントが凍結されることを「BAN」という形で表現しています。

Tinder(ティンダー)とは、全世界で使われている著名なマッチング系SNSです。

Tinderに限らず、SNSや出会い系アプリでは、利用規約に違反していると運営側が判断した場合、アカウントがBANされることがあります。

違反した度合いにもよりますが、アカウントが凍結されると、同じ電話番号や端末からの再登録が一定期間できなくなってしまいます。

せっかく女性とマッチングしてメッセージのやりとりができていても、アカウントがBANされてしまうとやりとりできなくなってしまいますので、また一からやり直す必要があります。

したがって、Tinderでオフパコ活動・セフレ作りを円滑に進めるためには、アカウントがBANされないように運営していくことが重要です。

Tinderでオフパコ活動・セフレ作りを行いたい方は、ぜひこちらの記事をお読みいただき、TinderでアカウントBANされないための対策をしていただくことをおすすめします。

TinderでのアカウントBAN(凍結)の体験談

私が2020年10月にTinder(ティンダー)を始めてから8か月経ちますが、これまでに3回アカウントがBAN(凍結)されています。

BANされた経緯と理由を振り返ると、次のような感じになります。

  • 1度目
    • 掲載した写真が不適切である旨の警告があり、警告があった後も数日間放置していたことによりBANされた(2020年4月)
  • 2度目
    • プロフィールに直接的な性的表現を記載していたことにより、警告を経ずに一発でBANされた(2020年4月)
  • 3度目
    • プロフィールに間接的な性的表現を記載していたことにより、警告を経ずに一発でBANされた(2020年6月)

3度目は、2度目のときよりも性的表現を抑えた形でプロフィールを記載していたのですが、それでも登録し直してからわずか4日で凍結されてしまいました。

新しい携帯回線を契約したばかりでしたので、少しショックでした。

アカウントをBANするための明確な基準が公開されているわけではないので推測にはなりますが、Tinder側でアカウントをBANするにあたっての判断材料としては、私自身の経験やTinderの他のユーザーから話を聞く限りでは、

  1. プロフィールやメッセージ、掲載写真などで、暴力や性的行為などといった公序良俗に沿わない可能性がある表現を直接使っていたり、それを示唆するような内容を間接的に使っていたりすること
  2. 他のユーザーから通報された回数が一定以上に達すること

の2つがあり、1.と2.が両方満たされているとBAN(凍結)される可能性が高いのではないかと思われます。

アカウントがBANされる前に、警告メッセージが1~2回表示されるケースもありますが、私の3度目のケースのように一発でBANされるケースもあります。

TinderでアカウントBAN(凍結)されないためには?

では、本題に戻りまして、Tinderでセフレを探すにあたり、アカウントがBANされないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

アプローチとしては、以下の2つが考えられます。

  1. プロフィールに性的な表現を載せないようにする
  2. 女性から通報されないようにする

プロフィールに性的な表現を載せないようにする

SNSや出会い系アプリでオフパコ相手・セフレを探すとなると、ついついプロフィールに性的な言葉を入れてしまいがちですが、「セックス」「ラブホテル」「クンニ」などといった言葉をそのまま使うと、運営に目をつけられるリスクが高まります。

こうした性的な言葉を使いたいのであれば、部分的に文字を「●」等の文字で伏せるか、オブラートに包んだ表現に変えましょう。

女性から通報されないようにする

プロフィールに性的な表現を載せなくても、マッチングした相手の女性からの通報が重なるとBANされる可能性があります。

Tinderではユーザーの通報が手軽にできるようになっており、メッセージのやりとりをしている相手を不快に思わせてしまうと、通報される可能性があります。

女性から通報されないようにするためには、相手が不快に思いかねないような内容は送らないようにしましょう。

相手から不快に思われる可能性がある内容としては、

  • 過剰な暴力表現や性的表現を使う
  • 会話がかみ合わない
  • 公序良俗に沿わないウェブサイトのリンクを送る

などがあります。

マナーと常識を守り、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

Tinderでセフレを作るためには?

以上、TinderにてアカウントがBAN(凍結)されないための方法をお伝えしましたが、当然のことながら、アカウントがBANされないようにしただけでは、セフレを作ることはできません。

では、どのようにしたらTinderでセフレを作ることができるのでしょうか?

マッチした女性とメッセージのやりとりをして、会ってセックスをするところまでこぎつける必要があります。

Tinderに限らず、SNSや出会い系アプリでセフレを作るためには、正しい方法を学び、実践することが大事です。

SNSでオフパコしたい!セフレ作りたい!といっても、なかなかできない男性も多くいらっしゃるかと思います。

できないのも無理はありません。

なぜなら多くの男性はオフパコする方法を学んでいないため、やり方が分からないからです。

Tinderで、「セフレになりましょう!」「会いたいです!」なんていう誘い方をしていては、セフレに巡り会うことは極めて困難ですので、アプローチの方法を変える必要があります。

TinderなどのSNSでセフレを作ることに興味がある方は、ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

そしてSNSでセフレを作る方法を学びたい方は、リンク先に案内されているメールマガジンを登録してみてくださいね。

ツイッターなどのSNSでオフパコする&セフレを作る方法を学ぼう! | オフパコマティック~OffpacoMatic (mankitsuoff.net)

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。