情報商材・情報教材を購入せずに、その商材・教材の販売URLに書いてある内容以外の情報を知るための簡単な方法を紹介します。

その方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、口コミやレビューを調べることです。

検索エンジンを使って簡単に調べられることもあり、これは多くの方が行っていると思います。

もう1つの方法は、販売URLに書いてある連絡先に問い合わせをすることです。

言われてみれば単純で誰もが思いつきそうな方法ですが、意外とやっている方は少ないです。

私も今まではやっていませんでした。

商材のノウハウそのものについて教えてくれることはないでしょうが、誰に向いていて誰に向いていないのか、または自分は~の問題を抱えているけどこの商材のノウハウは自分に向いているのかどうか、などといった向き不向きは教えてくれると思います。

また、購入を検討している商材が音声ベースだとしたら、テキスト版のまとめはついているのか、あるいはノウハウの量が膨大な商材に関してはまとめファイルのようなものが別途あるのかなど、情報商材を購入することによって受け取ることができるファイルの構成も教えてくれるでしょう。

商材の販売者または作成者に連絡を取ることは、詐欺商材・価値なし商材かどうかを見極めることにも役に立ちます。

例えば、この商材はどのような人に向いているかという質問に対して、老若男女初心者熟練者を問わず誰でも向いていると答える人よりも、~には向いているが~には向いていないと回答する人の方が信用できますよね。

質問の回答内容、文面、返信タイミングで商材の販売者または作成者の特徴をつかむことができるので、商材の良し悪しの判断材料を増やすことができます。

興味がある情報商材を見つけたものの購入するか否か迷っているという方は、口コミ・レビューをご覧になると同時に、ぜひ商材の販売者・作成者にメールや電話で問い合わせてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。