この記事では、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでオフパコするにあたって、投稿のコピペは決してやってはならない行為であることについて解説しています。

「コピペ」はコピー&ペイストの略で、他のサイトの記事を引用するときや、文書を編集するときなどに用いられます。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSで日々投稿していると、次第に投稿するためのネタがなくなることもあるかと思います。

そのようなとき、他のユーザーがどのような投稿を行っているかを見に行きたくなりますよね。
反応が良い投稿があれば、その投稿をそのまま使いたくなるかもしれません。

しかし、これはやってはなりません。

作者が著作権を放棄している、または改変・編集を認めている場合を除いて、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでの投稿をコピペすることは絶対に止めてください。

他人が作ったモノを許可なく使うことになりますので、盗作・盗用になります。

もし引用という形で他者の投稿を取り上げる場合は、必ず参照元サイトとURLを記述するようにしてください。

大学の科目では、レポートのコピペが発覚した場合は不合格の評価になることが多いと思いますが、ウェブ上でも同じようなもので、コピペが発覚した場合は制裁という形で検索エンジンからの評価が下がったり、著作者から訴えられて多額の損害賠償を支払わなければならなくなる可能性もあります。

引用以外の用途で、他のユーザーの投稿をまるまるコピペして自分の投稿として利用することはモラル的にも実務的にも良くありませんので、絶対にしないようにしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。