この記事では、北朝鮮や中国がやっていることと、恋愛のテクニックで共通していることについて解説しています。

北朝鮮や中国による行為と、恋愛のテクニックで共通していることって何でしょうか?…といきなり聞かれても分かりにくいかもしれませんが、実に単純なことです。

最近、中国の船が領海に侵入したり、北朝鮮がミサイルを発射したりといったことが頻繁に行われています。

しかし、日本ではこのようなことがあっても驚く人はそれほど多くありません。

なぜミサイルが打たれたり領海に船で侵入されてもそれほど大きな話題にならないのでしょうか。

その理由は、「慣れている」からです。

最初の一発目は驚かれ、新聞記事やテレビで大きく取り上げられても、何回もやることで慣れてしまい、前ほど騒がれなくなります。

この「慣れ」は、恋愛のテクニックにおいて重要な要素になります。

たとえば、初対面の異性と二人でランチするとします。最初はお互い慣れない感じで緊張するかもしれません。

しかし、いったん「二人でごはんを食べた」という実績ができてしまえば、次回から食事をする行為に対するハードルは下がりますし、食事の最中でも緊張感はだいぶ緩くなることでしょう。

食事だけではありません。

並んで歩くこと、遊びに行くこと、手をつなぐこと、キスをすること…など、すべてにおいて、最初の一回はハードルが高いですし、緊張もすると思いますが、一回やると慣れますので、二回目以降はハードルも下がるし、緊張感も薄らぎます。

二人での食事、デート、手をつなぐことなどを達成する具体的なテクニックは本サイトでご紹介している格安恋愛商材に譲るとして、とにかく「やってみる」ことが大事です。

どれだけ細かいテクニックを頭に入れていても、それを実践しなければ意味がありません。

何事も、一回目がやるハードルが高いですし、緊張もします。しかし、そのやってみた一回がうまくいけば、あとが楽になります。

失敗しても気に病むことはありません。失敗したら失敗したらで、経験になり、次につなぐことができます。

ちなみに、この「やってみる」ことには、「退く」ということも含みます。

押しても押しても膠着状態で打開できなければ、一度退いてみることも有力な選択肢です。
退くことに慣れれば、誘いに失敗したときの動揺も減りますし、引きずられずに次に行動を移せます。

少し本題から話がそれてしまいましたが、最初の一回目から「慣れ」の状態にもっていくことは誰だってできません。

成功するためには、とにかく最初の一歩を踏み出すことが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。