本日の記事は、「女性からの受けがガタ落ちになる行動とは?他人への接し方で悪化する印象・評判」ということで、スペック、キャラ的にはどんなにモテる要素があったとしても、女性からの印象が大きく悪化する行動について取り上げます。

顔が良い、背が高い、スタイルが良い範囲で筋力もある、気さく、優しい、面白い、経済力がある…これらをすべて満たしていたら、一般的にモテます。

しかし、このすべてを満たしていたとしても、女性からの印象を大きく下げてしまうことがあります。

それは、その女性以外のすべての他人への態度です。

自分の家族、友人、部下、上司、または相手の女性の友人、会社の関係者など色々ありますが、普段デートする上でもっとも接する機会が高いのはレストランまたはショップの店員です。

敬語を使わない、横柄な態度をとる、罵倒するなどといったをすると、印象面で大きなマイナスになります。

お店に行くと、注文したつもりが通っていなかった、注文してから出来上がるまでが遅い、味が思ったほどおいしくないといったようなことは結構ありますし、それによって不快になることもあるでしょう。

また、かなりレアケースですが、店員料理を誤ってこぼしてしまい、自分あるいは彼女の衣服についてしまうこともありえます。

そうしたときに、どのような態度をとるかによって女性からの受けが大きく変わります。

十中八九、いやおそらく100人中99人くらいの割合で、冷静に紳士的な態度で接すると印象は上がり、熱くなって叱ってしまうと印象は悪くなるでしょう。

最悪の場合だと、ミスを犯した店員を叱責するだけでなく、その責任者クラスの店員を呼び出して説教する人もいるかもしれません。

彼女とのデートに向けて良いお店を選定したつもりが、上記のようなことで満足いかなかったら、不快に思うのも無理はないですし、それを誰かにぶつけたくなる気持ちも分からなくはありません。

しかし、そのようなことをしたところで何の得にもなりません。

時間を浪費しますし、怒ることで自分も疲れるし、怒った相手とそれを周りで聞いているすべての人は不快に思うでしょう。

自分の身体の日常的なお手入れを怠っていたことが相手に発覚した場合もそうですが、人間はちょっとしたことで、今まで良い印象を持っていたのが大きく変わることがあります。

モテるためには、ターゲットの女性だけでなく、普段から他者すべてに対してモテるための行動をすることが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。