出会いやオフパコに関する教材は巷にたくさんありますが、良いものもあればそうでないものもあります。

私もいくつか購入しましたが、内容はピンキリでした。1,000円程度でものすごく内容が濃い教材もあれば、20,000円程度するのに全然役に立たない教材もありました。

そこで、情報教材の良し悪しを見分ける重要なポイントについて解説しますので、ご参考になれば幸いです。

教材の購入を検討する際は、「特定商取引法に基づく表記」を必ず確認することをおすすめします。(「基づく」ではなく「関する」など、言葉が若干異なる場合もあります)

特定商取引法に基づく表記は、簡単にいうと販売者の情報をまとめたもので、ネット通販においてもこれを公開することが法律で義務付けられています。

この表記では、事業者名、所在地、連絡先、商品の支払い方法、納入時期、返品の条件などが書かれていますが、特にチェックしてほしいことは、販売URLの宣伝内容と、特定商~の表示に大きな差異がないかどうかです。

一番分かりやすいのは、多くの教材が対応している(と言っている)返金の部分です。

たとえば、販売URLには返金できると書いてあるのに、特定商~の表示には「教材の性質上返金不可」と書かれている場合は、返金できることが嘘になりますので、その教材は詐欺教材であるという判断をすることができます。

また、返金を受け付けている場合でも、販売URLと返金の条件が大きく異なる場合は、疑わしいという判断ができます。

一方、ほとんどの教材の表示には、「販売URLで書かれている表現や再現性は個人差があり、必ず特定の効果を保証するものではない」という主旨のことが書いていますが、教材のノウハウ内容を活用したときの成果に個人差があるのは当然のことなので、むしろ書いていない場合の方が怪しいです。

このように、特定商取引法に基づく表記を確認することで、教材が信用できるものであるかどうかを簡単にチェックすることができます。

まとめとして、出会いやオフパコなどの情報教材の購入を検討する際は、次の2つを行ってください。

  • 特定商取引法に基づく表記が販売URLからアクセスできることを確認すること。(アクセスできない場合は問答無用でアウトと思ってください)
  • 特定商取引法に基づく表記と販売URLの内容に違いがないかを確認すること。(反対のことが書いてある、または著しく異なったことが書いてある場合はアウトと思ってください)

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。