この記事では、ツイッター(Twitter)やインスタグラム(Instagram)でオフパコする(セックスをすること)にあたり、PayPayなどのQRコードやAmazonギフト券での先払いを求めるアカウントの募集には絶対に応じないべきであることについて解説しています。

今回は日々の投稿記事の1つとして書きますが、このテーマは極めて大事な内容だと思いますので、少し先にはなると思いますが後日特集として別途記事にすることも考えています。

結論から言います。

PayPayやAmazonギフト券での先払いをオフパコの条件として募集しているアカウントの誘いには、絶対に乗らないようにしてください。

なぜなら、先に支払ったからといってその女性と会えるとは限らないからです。

女性があなたの目の前にいるわけではない以上、確実に会える保証はありません。

会えないパターンとしては、以下の3つが考えられます。

① 一度決めたアポが体調不良(生理)や予定のブッキングにより流れたが、その後予定を再調整して会うことが面倒になっている

人間よほど大事な用事でない限り、一度体調不良や予定の都合が合わないことでアポイントが流れると、再調整することが面倒になるものです。

先に支払ってもらったのに会わないことは、現金であれば罪悪感を感じやすいかもしれませんが、QRコードやギフト券などのデータでは感覚が麻痺してしまい、「別に会わなくても良いか」と思ってしまう女性もいると思います。

② 相手(男性)の顔やメッセージでの文面を見て会う/会わないを選んでいる

元々会う意欲があって先に支払ってもらったとしても、人間我が身を警戒するものです。
また、せっかく会うなら少しでも「良い男性」と会いたいと多くの女性は思っています。

したがって、相手(男性)が自分のタイプではなかったり、会ったら何かされるのではないか?と警戒したりすると、たとえ先に支払ってもらったとしても会う意欲がなくなり、体調不良、予定が合わない、家族にバレたなどの口実で会うことを拒否したり、ブロックしたりするケースがあります。

③ はじめから出会わずにQRコードやギフト券でお金を稼ぐことを目的としてアカウントを使っている(男性による成りすましも含む)

最も悪質なパターンです。詐欺以外での何物でもありません。
こうした姑息な行為で男性を騙してお金を稼ぐことは、本当に卑怯で許されないと思います。

SNSで楽しいオフパコ生活を送ることを追求している身として、そして同じ男として、こうしたアカウントに騙された方には同情しますし、騙される男性を1人でも多く減らしたいと思っています。

しかも、こうしたアカウントとやりとりをするリスクとしては、ただお金を取られるだけではありません。

PayPayやAmazonギフト券で先に支払うことを求める手口は18歳未満の女性も多くやっていますので、会えてオフパコができたとしても、男性側が逮捕されて人生が大きく転落するリスクもあります。

支払ったとしても会えるとは限らない、会えたとしても18歳未満と分かったので放流せざるを得ない、またはオフパコした後に18歳未満であることが発覚して逮捕される。

めちゃくちゃリスクが高いのに、得られるメリットが少ないですよね。

では、こうしたアカウントをなくすためには我々は何をすれば良いのでしょうか?

簡単です。無視しましょう。

なぜツイッターやインスタグラムなどのSNSで先払いを求めるオフパコ募集アカウントがたくさん生息しているかというと、実際に先払いをする男性が多くいるからです。

先に支払う男性が多くいるから、女性向けのお金稼ぎ指南サイトでも「先払いの条件にした方が良い」と推奨されて、それを見た女性がその通り(または初めから騙す意図で)登録して、さらに多くの男性が先払いをしてしまう…という悪循環に陥っています。

我々男性が安全にネットでオフパコできるようにするためには、彼女ら(もしくは彼ら)のアカウントを無視して、この悪循環を断ち切ることが必要です。

もう一度言います。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSで、オフパコの条件としてPayPayなどのQRコードやAmazonギフト券での先払いを求めてくる女性アカウントには、絶対に支払ってはいけません。

そして、そのようなアカウントは無視をして関わらないようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。