この記事では、女性にトイレや休憩を促すことなど、女性と接するにあたって気を利かせることの重要性について解説しています。

たとえば女性とデートでランチした後、比較的長い距離を散歩していたとします。

ごはん食べた後だと、比較的頻繁にトイレへ行きやすくなりますが、女性だとトイレに行くことを言いだしづらいケースが結構多いと思います。

休憩もそうです。かなり長い間歩くと、足がクタクタになりやすくなりますが、仲が深まらない限り、なかなか自分からカフェに行って休憩することなどの提案はしづらいものです。

そこで、我々男性にとって重要になってくるのが、相手に気を利かせることです。

たとえば、散歩中にカフェや公衆トイレが近くにあれば、「休憩(またはトイレ)行かなくて大丈夫?」「足疲れてない?」などの声掛けをすることで、女性はかなり答えやすくなります。

また、カフェやトイレが近くになかったとしても、ある程度の区切りがつく場所に到達したところで休憩を提案してみるのも良いでしょう。

男性側から提案することで、女性は自分から言い出さずに済みますし、気を利かせてくれたということで男性に対してプラスの評価をすることが期待できます。

文面だけみると簡単なことに見えますが、緊張して張り切っていると、このような細かいことは意外と見逃しやすいものです。かつて、散歩コースを歩き終えた後のカフェへの流れはきちんと考えていたものの、肝心の散歩のコースが長すぎたことがありました。途中休憩をする提案をしておけば良かったのですが、散歩を歩き終えた後にカフェに行くことしか考えていなかったため、相手をひどく疲れさせてしまったのです。

気を利かせることに関してもう1つ重要なのは、季節に配慮することです。

夏だと暑いので少し歩いただけで水分が消耗されますし、冬だと汗が出ないのでトイレに行きやすくなります。

したがって、夏と冬の場合は、こうした気遣いのアクションをより頻繁に起こすことをおすすめします。加えて、カフェでの休憩やトイレを提案する中で、「今日は暑いから(寒いから)~」という言葉を付け加えると、季節にもきちんと配慮していることをアピールすることができます。

以上、簡単なことではありますが、こうした細かい配慮ができるか否かで相手側の評価が大きく変わることがありますので、女性と会う際はこうした心がけを怠らないようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。これからも時々、このブログの本題であるSNSでのオフパコ以外のテーマについても取り上げていきます。

よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。