この記事では、セックスのテクニックを磨く方法の1つである、イメージトレーニングや身の回りのモノを使ったシミュレーションによって1人で練習することについて解説しています。

こちらの記事でも取り上げましたが、ツイッター(Twitter)やティンダー(Tinder)、インスタグラム(Instagram)などのSNSでオフパコ・セフレ作りをしたいのなら、セックスのテクニックは可能な限り磨いた方が良いです。

その方法の1つとして、1人で練習することがあります。

1人でセックスの練習をすることなんてできない、1人でセックスの練習をしても意味がない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。現に、多くの男性は1人で練習はしていないでしょう。しかし、やるとやらないでは違います。まだまだ自分にはテクニックが足りないと思っている方は、ぜひ練習してみることをおすすめします。

1人での練習のやり方としては、大きく分けてイメージトレーニングと、身の回りのモノを使ってシミュレーションすることの2つあります。

イメージトレーニングは手軽にできることがメリットです。寝る前でも起きた後でも、通勤中で目を閉じながらであっても練習することができます。仕事のプレゼンでもスポーツでも趣味でも愛の告白でも、なにかしらイメージトレーニングをしたことがある方は多くいらっしゃると思います。イメージトレーニングをした方が、しないよりも上手くいくケースが多かったのではないでしょうか?

セックスも例外ではなく、趣味でもありスポーツでもあります。他のスポーツや趣味ではイメトレをしているのに、セックスではしない理由はありません。

ホテルへのエスコート、ホテルに入ってからのエスコート、シャワーの段取り、どのような会話をしてどのような前戯をするのか、挿入中の自分の動き…など、セックスに関してイメージトレーニングできることはたくさんあります。

1人で練習することのもう1つのやり方は、身の回りにある道具やモノを活用してシミュレーションすることですが、こちらもやっていない人が多いです。胸や局部を舐めたり腰を振ったりする仕草を練習するのとしないのでは、本番でも大きく違ってきます。

たとえば、寝る前にベッドであおむけになり、騎乗位で挿入したと仮定して腰をふる練習をする、自慰用のホールを使って挿入の練習をする、シュークリームを女性の陰部に見立てて舐める練習をするなど、色々やり方はあります。ぜひ自分の中で改善したいと思っているセックスの工程を、身の回りのものを使って練習してみてください。

セックスの経験がなくて自信がない、セックスがもっと上手くなりたいと思っている男性はたくさんいます。

このまま何もせずに悩み続けるのか、相手がいなくても練習できる方法を模索して少しでも改善のための取り組んでいくのか、どちらの選択肢をとるかはこの記事を読んでいるあなた次第です。

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。