「習うより慣れろ!」

この記事では、インターネット上でオフパコをするにあたり、習うより慣れることの重要性について解説しています。

この言葉ってどこかで聞いたことありますよね?私も本で見たり、アニメで見たり、先生や先輩から言われたりと、もう何度も接してきました。

習うより慣れることが大事だというのは理屈では分かりますし、言葉を聞く度に「行動しなきゃ!」と思います。しかし、何事にもこの言葉通り忠実に実行してきた方って意外と少ないのではないでしょうか?

理屈では分かっていても、どこかで面倒という気持ちや、失敗したらどうしようという気持ちが勝って、実際には実行できなかったりするものです。私もそうでした。本当に、つい最近になってこの言葉の重みがひしひしと感じるようになったのですよね。

本を読んだり、動画を観たり、やり方を覚えたりしても、実際にやってみなければ経験0と一緒ですからね。仕事でもスポーツでも趣味でも恋愛でもなんだってそうです。

もちろんセックスも。

何十回何百回と動画を鑑賞しても、何冊もの教材を何十回読んでも、やらなければチェリーのままなのです。テクニックもほぼゼロなのです。

20代のときに童貞を卒業して素人童貞になったときも、昨年素人童貞を卒業したときも、入れたり舐めたりする場所がほとんど分からず、相手の方が苦笑しながら教えてくれました。正直かなり恥ずかしかったです。でも、この経験があったからこそ次のエッチ、そして次のエッチと、一回一回わずかずつではありますが改善することができています。

失敗を恐れる気持ちは大小の差はあれど、誰にだってあります。私もかなり、失敗に対する恐怖心が強い方です。しかし、失敗なくして大きな成功をすることはできません。

失敗は誰だって経験します。(私自身にも向けた言葉になりますが)恥ずかしがることはありません。他の人が経験していない失敗を自分がしてしまったとしても、その分他の人にはない教訓を身体で覚えることができているのです。

セックスだって、最初は誰もがチェリーやバージンで、経験はありませんでした。童貞は、すべての男が通る道です。単純に卒業するタイミングが異なるだけです。

童貞であることを恥ずかしがる必要はありませんし、いまだに卒業できていないからといって落ち込むこともありません。

出会いやセックスは、最初から上手くいくということはまずないです。みんな失敗を重ねて、出会いを成就させたり、セックスパートナーができたりしています。

再度申し上げます。行動しないことには何もはじまりません。

ネットでオフパコするためのステップを何も踏み出していないのであれば、SNSやアプリへの登録、プロフィールの作成、プロフィール写真の選定、投稿内容の検討など、今からでもできることはたくさんあります。

ぜひとも「習うより慣れろ!」を実践しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ他の記事もぜひ読んでみてくださいね。
こちらのアイコンのクリックもよろしくお願いします。